動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物医療機器の情報 > 猫の毛球症について

文章 Categories

猫の毛球症について

 猫の毛球症とは、毛づくろいの際に飲み込んだ自分の体毛が消化器官内にとどまり、吐くことも排便することもできなくなった状態を言います。動物の病院は動物用生体情報モニタが必要です。

 

猫の毛球症の主症状

食欲不振

吐くそぶり

便秘

おなかを触られることを嫌がる

 

どうやって治療するの?

症状が軽い場合は、便のすべりを良くする毛球除去剤をなめさせて、毛球をウンチと一緒に外に出します。それでも症状が改善しないときには、毛球を摘出する手術を行うこともあります。

 

予防

毛玉や毛球症を予防するには、こまめなブラッシングが効果的です。日ごろから抜け毛を取り除いてあげることで、猫が飲みこむ毛の量を少なくすることができます。また、毛玉の排泄を促進するようなフードも色々販売されています。愛猫の年齢や体調にあったものはどれか、お勧めは何か、などを動物病院に相談してみると良いでしょう。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。