動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 猫の糖尿病

文章 Categories

猫の糖尿病

 糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンが機能しなくなり、血液中の糖分が高くなる病気です。猫も人間と同じように、糖尿病になります。元々猫は肉食動物で、血糖値のコントロールがうまくありません。食べ過ぎや、ストレスなどの原因で高血糖を引き起こすと、糖尿病になる可能性が高いのです。猫が高齢になる程、糖尿病を患う可能性は高く、しっかりとしたケアが必要です。動物の病院は動物用生体情報モニタが必要です。

 

猫の糖尿病の主症状

水を大量に飲む

食べる量が増える

体重減少

おしっこの量や回数が増える

腹部がふくれる(肝臓)

白内障

糖尿病性ケトアシドーシス

 

【予防】

ストレスや肥満を防ぎ、適切な生活環境を整える

糖尿病は、日頃からストレスや肥満を防ぐことが一番の予防になります。猫にとってストレスにならないような環境を整え、適度な運動と適切な飼育・管理を行います。また、動物病院で定期的な健康診断を受けて、早期発見・早期治療を心がけましょう。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。