動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 犬の糖尿病についての情報

文章 Categories

犬の糖尿病についての情報

 犬の糖尿病とは、ホルモンの一種であるインスリンの働きが悪くなることで、血液中の糖が多くなってしまう病気です。インスリンは膵臓(すいぞう)という器官から分泌されており、血液中のグルコース(糖)を細胞内に取り入れる働きを持っています。

 

症状について

多飲多尿

多食

体重減少

急激な視力の低下(白内障)

元気消失・食欲不振・嘔吐・脱水

 

犬の糖尿病の対処方法

インスリンの働きが悪い場合は、一日の摂取カロリー量を制限する食餌療法が中心となる。インスリンの分泌量の低下の場合は、インスリンを注射で補充する治療法が必要となる。糖尿病の治療は、一生続けなければいけない。動物の病院は動物医療器具が必要です。

 

 

【予防】適切な食事管理と運動管理で肥満予防につとめる

糖尿病を予防するには、適度な食事と運動を心がけ、肥満にならないように注意することが大切です。また、上記の症状が見られたら、すぐに動物病院で検診してもらいましょう。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。