動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院の情報 > 犬の肺水腫について

文章 Categories

犬の肺水腫について

 犬の肺水腫とは、肺の中に水がたまり、ガス交換がうまくいかなくなってしまった状態をいいます。動物の病院は動物医療用品が必要です。

 

犬の肺水腫の主症状

吐き気

呼吸困難

よだれをたらす

 

犬の肺水腫の原因としては、肺炎と心臓系の疾患が圧倒的に多いです。それ以外ですと、毒物の誤った吸入や、肝硬変やネフローゼ症候群などの病気が原因の場合がみられます。また稀ですが、熱射病や事故などでも起こる場合もあります。

 

治療

利尿剤や血管拡張剤で肺にたまった水を排出させる

肺水腫の治療方法として、利尿剤や血管拡張剤を投与して肺にたまった水を血管内に戻し、尿として排出させます。また、肺に酸素を取り込みやすくするため、気管支拡張剤を投与することもあります。同時に原因に応じた治療を行っていきます。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。