動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 犬の細菌性腸炎

文章 Categories

犬の細菌性腸炎

 犬の細菌性腸炎とは、細菌によって腸炎が引き起こされた状態を示す広い概念です。動物治療は動物医療用品が必要です。

 

細菌性腸炎の主症状

下痢(軟便・水様便・血便)

食欲不振

腹痛

脱水症状

 

犬の細菌性腸炎の原因

おもな病原菌はサルモネラ菌とカンピロバクター菌。大腸菌、緑膿菌なども原因になる。病原菌に汚染された食べ物や水、食器などから感染する。健康な犬でも、その約10%はサルモネラ菌などの保菌者であり普段は異常ないが、犬の体力が低下したときやストレスがたまっているときなどに発病しやすくなる。

 

診断
原因の菌の特定は、難しいですが、症状や、感染していると思われる犬の便を採取して顕微鏡などで菌の存在を確認します。

 

治療
抗生物質の投与を行います。腸炎はいろいろな菌の感染から起こるので最も効果のある抗生物質を投与する必要があります。また腸炎では、脱水症状を引き起こすこともあるので、リンゲル液やブドウ糖液などの輸血を行う事もあります。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。