動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 犬の肺気腫の症状、原因、対策の紹介

文章 Categories

犬の肺気腫の症状、原因、対策の紹介

犬の肺気腫とは、肺内部でガス交換を行う機能単位である肺胞が異常にふくらみ、壊れてしまった状態のことです。動物の治療は動物医療用品が必要です。

 

犬の肺気腫の主症状

呼吸困難

よだれをたらす

運動を嫌がる

皮下気腫

 

犬の肺気腫の原因

肺気腫は、肺胞に継続的に負担をかけていることで発症してしまうリスクが高まります。

気管支炎、腫瘍による気管支の狭窄

ぜんそくなどの慢性の呼吸器疾患による咳

排ガス、タバコの煙などの刺激

といった原因が慢性的に続いていると、肺気腫を発症することがあります。また急な運動など突然肺に負担をかけても、肺胞が壊れ肺気腫を起こしてしまうことがあるようです。

 

犬の肺気腫の治療方法

気管支炎、腫瘍、外傷などが肺気腫を引き起こしている場合には、その原因となる病気を治せば自然に治ることもあります。原因がはっきりしない場合や、肺胞の損傷が激しい場合には有効な内科療法がないため、病状をそれ以上悪化させないよう保存療法を行います。呼吸困難がはげしい場合は、酸素吸入を行います。清潔な環境で安静を保ちます。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。