動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 猫の甲状腺機能亢進症について

文章 Categories

猫の甲状腺機能亢進症について

 甲状腺機能亢進症は、ホルモンバランスが崩れてしまう病気です。特に中年から高年齢の猫において多く見られる傾向にあります。甲状腺から分泌された甲状腺ホルモンは、新陳代謝をコントロールする働きをしていますが、このホルモンの分泌が過剰になると全身の基礎代謝が高くなり、カロリー消費量が多くなります。甲状腺の過形成や腫瘍が原因でおこります。

 

最初に気がつく症状としては、以下のようなことが挙げられます。
たくさん食べているのに痩せてくる。
性格が攻撃的になる。
目がぎらぎらする。
毛のつやがなくなった。
呼吸が早い。
水を飲む量が多い。動物用超音波診断装置

さらに症状が進むと、全身の酸素要求量が増すために赤血球の増加や心臓の肥大が起きることもあります。

 

治療

甲状腺機能亢進症の治療法には、内科療法と外科療法があります。
内科療法では、抗甲状腺薬剤を投与する治療方法が一般的です。外科療法では、腫大した甲状腺を切除します。手術は、薬剤の投与で症状を安定させてから行われることがあります。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。