動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 猫の鉤虫症

文章 Categories

猫の鉤虫症

猫の鉤虫症は、鉤虫という体長1cm~2cm程度の白い糸状の寄生虫が腸の中に寄生して起こります。鉤虫は鋭い歯で小腸に噛み付き、粘膜を食べたり、血液を吸います。動物用超音波診断装置

 

症状

鉤虫症になると、成猫では通常無症状ですが、鉤虫がたくさん寄生している場合には、慢性的な貧血やタール状の黒色便、軟便が見られます。また、子猫が鉤虫に寄生された場合は、成猫にくらべて症状が重くなりがちで、貧血やタール状の黒色便だけでなく、鮮血便や下痢、そして発育不良などが認められます。発見が遅れると、貧血や脱水が進行して命に関わることもあります。

 

治療と予防

駆虫薬を投与します。症状が改善されない場合は、整腸薬の投薬や栄養補給を行います。
また、貧血がひどい場合は輸血や輸液も行う場合があります。予防として、定期的に糞便検査を受け、他の猫の糞便に近づけないようにします。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。