動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 猫の日光過敏症

文章 Categories

猫の日光過敏症

日光過敏症は、猫の皮膚が強い日差し、厳密には紫外線を慢性的に浴び続けることで発症する、皮膚の病気です。

 

症状

初期病変の多くは、色素沈着していない白色で体毛の薄い部分に発生します。とくに耳や鼻または目、口のまわりの毛が抜け、その部分の皮膚がただれ、潰瘍ができます。多くは耳周辺の淡紅色の発疹、角質の剥離、脱毛から始まり、進行すると皮膚が剥がれます。高齢(6歳以上)の猫では扁平上皮癌へ移行するリスクが高くなります。

 

猫の日光過敏症の治療方法・対策

毎日、両耳や鼻先をチェックするようにしましょう。もしも赤くなっていたりすれば、紫外線対策の薬を塗ってあげればある程度予防できます。副腎皮質ホルモン剤を投与し、日光(紫外線)を避けて生活させます。猫が紫外線をまったく浴びないようにすることは困難ですが、飼い主さんは、猫ができるだけ屋内や日陰で過ごすような工夫をします。膿皮症を併発している場合は、抗生剤や薬浴などの治療も必要になります。動物用超音波診断装置

 


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。