動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 猫の食道炎の原因と対策

文章 Categories

猫の食道炎の原因と対策

 食道炎とは何らかの原因で食道に炎症が起こった状態です。食べ物を飲み込むときなどに痛みが生じるため、食欲の低下や吐出、流涎といった症状が見られます。放っておくと食道狭窄などを併発することがあります。動物用超音波診断装置

 

原因の多くは、猫にとって良くない物を食べた、或いは舐めてしまったということが考えられます。また、熱いものを食べたことで食道の炎症が起きることもありますし、異物の誤飲なども考えられます。場合によっては薬品などを舐めてしまったり間接的に吸い込んだことによる炎症もあるでしょう。その他には、胃炎などの消化器系の炎症が原因で食道炎を発症することもあります。この場合、胃酸などが食道を荒らしてしまうことで炎症が起きます。

 

対策

原因となっている物質の除去・原因となっています病気の治療に加えて、炎症を抑える治療を行ないます。食事は嘔吐がなければ流動食を少量ずつ頻回に与えます。合併症予防のため、抗生物質の全身投与を行ないます。重度の食道炎の場合でしたら、胃の中にチューブを入れ、そのチューブを通じて食物や水を与えることで食道を休める必要もあります。抗生物質や抗炎症薬などを投与しながら、栄養の補給のために静脈輸液を行ったりします。食道狭窄を起こしている場合は外科的治療で食道の狭くなった部分を切除します。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。