動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 猫の歯周病の主症状、原因、治療

文章 Categories

猫の歯周病の主症状、原因、治療

 猫の歯周病とは、歯の表面などで細菌が毒素を産生し、歯茎や骨に炎症が起こった状態を言います。

 

歯周病の主症状

歯茎の赤み

口が臭い(腐敗臭)

歯茎からの出血

歯がぐらぐらする

歯が長くなったように見える

食べるのが遅い

動物用超音波診断装置

 

猫の歯周病、原因は?

猫の歯周病は、歯の根元に溜まった「歯垢」が原因です。猫の歯の根元に黄色もしくは茶褐色の付着物はありませんか?それが歯垢です。歯垢で細菌が繁殖するので、放置しておくと歯の周りの歯肉で炎症が起きます。そして歯の根元が赤くなったり、腫れたり、出血したりするようになってしまいます。猫は歯垢がたまりやすいので、歯周病になりやすいのです。

 

治療

歯ぐきに炎症が起こるだけの歯肉炎の場合、軽度であれば口腔洗浄剤で口腔内を清潔に保ち、日々のブラッシングで歯垢を除去し、必要に応じて抗生剤や抗炎症剤などを投与します。歯肉炎が重度であったり、歯周炎を引き起こしている場合は、動物病院で全身麻酔をしたうえで歯垢・歯石を取り除き、歯周ポケットにたまった汚れや炎症を起こした組織などを取り除きます。歯のぐらつきがひどい場合には抜歯することもあります。また、歯科処置後は必要に応じて抗生剤や抗炎症剤の投与を行いますが、再発防止のためには、飼い主の行う日常の手入れが最も重要です。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。