動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 犬の骨肉腫

文章 Categories

犬の骨肉腫

 犬の骨肉腫とは、骨に含まれる組織がガン化した状態のことです。

 

犬の骨肉腫の主症状

足の硬い腫れ

足を引きずるように歩く

歩くのを嫌がる

日に日に運動量が減る

動物用超音波診断装置

 

原因

骨肉腫が発生する原因は明らかになっていませんが、ゴールデン・レトリーバー、グレート・ピレニーズ、ラブラドール・レトリーバー、シベリアン・ハスキーなどの大型犬に多く発生します。また、年齢的には7~8歳前後からの老犬によく発生しますが、2歳頃の若齢犬に発症することもあります。

 

犬の骨肉腫の対処方法

骨肉腫は転移しやすいため腫瘍のある足を切断し、手術後に抗がん剤の投与を続けるのが一般的な治療。骨肉腫が完全に治るのは難しく、再発する場合もある。足の切断手術をせずに放射線治療をおこなう場合もある。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。