動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 猫の尿毒症

文章 Categories

猫の尿毒症

尿毒症は、普段、体の外に排出することが出来ていた尿が、何らかの理由でうまく出すことが出来なくなってしまう病気です。体に溜まった尿の毒素が、他の臓器に対して悪影響を及ぼしてしまいます。早めに処置をしないと命に関わる症状です。動物用超音波診断装置

 

猫の尿毒症の主症状

食欲不振

運動を嫌がる

ぐったりして元気がない

四肢のむくみ

貧血

心不全

代謝性アシドーシス

副甲状腺機能亢進症

 

治療

点滴による水分や電解質の補給によって脱水状態を改善しつつ、体内にたまった毒素を尿と一緒に体外に排出させます。また、尿を十分に排泄することができない場合には、利尿剤などを投与して排尿を促します。尿毒症が重い場合には、血液透析(血液を浄化する方法)や腹膜透析(腹部に液を入れて老廃物を溶かし出す方法)を行い、体内の有害な物質を取り除く場合もあります。嘔吐などがなければ、経口吸着炭剤などを投与し、腸管内の毒素を吸着させて便とともに排泄させます。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。