動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 犬の気胸の主症状と治療方法

文章 Categories

犬の気胸の主症状と治療方法

犬の気胸とは、胸に不要な空気が入り込んでしまうことで、肺の伸縮が正常に行われなくなる病気です。肺の伸縮が正常に行なわれないと、呼吸困難に陥ります。動物通販

 

犬の気胸の主症状

呼吸困難

よだれをたらす

血を吐く

胸を痛がる(触られるのを嫌がる)

運動を嫌がる

 

犬の気胸の治療方法・対策

症状が軽度のものであれば、安静にさせて処方薬を飲ませていれば、やがて完治することがあります。しかし、それだけでは治らない場合、針などを使って、胸腔の中の空気を除去しなければなりません。それでも呼吸困難が解消されない場合は、定期的に空気を抜いたり、酸素吸入が必要になる場合もあります。これらの対応は、気胸の原因の除去と平行して治療していきます。呼吸器の病気が原因になった場合には、その病気への治療も合わせて行い、外傷が原因となっている場合には、胸部切開などの外科手術等を施した上で行います。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。