動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 犬の尿崩症

文章 Categories

犬の尿崩症

犬の尿崩症は、脳下垂体や腎臓に問題があり、腎臓での水分の再吸収が十分にできなくなることによって起こります。動物通販

 

犬の尿崩症の症状

異常な量の尿をする 水を大量に飲む。水を多量に飲むことによって、胃拡張になり、嘔吐などの症状があらわれることもある。

 

犬の尿崩症の主な治療法

基礎疾患の治療 

別の疾病によって尿崩症が引き起こされている場合は、まずそれらの基礎疾患への治療が施されます。脳内の腫瘍など、外科的な治療が難しい場合は、人工の抗利尿ホルモンを投与しながら生活の質を保つ保存療法が選択されることもあります。

 

投薬の中止 

薬の副作用で尿量の増加が引き起こされている場合は、投薬の中止が検討されます。しかし、薬がターゲットとしていた本来の病気との兼ね合いが必要ですので、自己判断ではなく必ず獣医師の診断をあおぐようにします。

 

尿量と飲み水のモニタリング 

水を自由に飲ませると胃が拡張して嘔吐などをきたすことがあります。だからといって飲み水に制限をかけると、おしっことして排出した水分を補いきれず、脱水症状に陥ります。飼い主はこの両側面に注意を払いながら、犬の飲み水をモニタリングする必要があるわけです。具体的には、犬が一回のおしっこでどの程度の水分を排出したかをよく観察し、同程度の水を与えるなどです。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。