動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 犬のアジソン病の治療

文章 Categories

犬のアジソン病の治療

 アジソン病(副腎皮質機能低下症)は、クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)とは逆に副腎皮質ホルモンの分泌量が低下することで起こる病気です。動物通販

 

犬のアジソン病の症状

アジソン病の症状としては、元気がない、無関心、食欲不振、下痢、嘔吐、震え、体重の減少、水を大量に飲む、尿の量が増えるなどがあらわれる。症状が重い場合は、死に至ることもある。

 

犬のアジソン病の主な治療法

入院治療 

急に発症する「副腎クリーゼ」の場合は入院治療が必要です。輸液と同時にデキサメタゾン(糖質コルチコイドの一種)を静脈内に投与します。

 

投薬治療

緩やかに発症する慢性型においては、不足している副腎皮質ホルモンを補うため、鉱質コルチコイド製薬を生涯に渡って投薬します。なお、ストレスは副腎クリーゼの危険性を高めてしまうため、環境を整備してなるべくストレスのかからないライフスタイルを継続することも大事です。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。