動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 犬の前立腺炎

文章 Categories

犬の前立腺炎

 前立腺炎とは、膀胱の真下に位置する前立腺に尿道から入り込んだ細菌が感染し、炎症が起こり、激しい痛みを伴う病気です。老犬に多い病気で、前立腺肥大や膀胱炎が併発しているケースもよくあります。前立腺は副生殖器とも呼ばれ、精液を生成する重要な体の器官です。

 

急性の場合の症状は発や嘔吐、食欲不振、排尿障害など。痛みが強いときには、背中を丸めてうずくまってしまうほど。ひどくなると、血尿が出ることもあります。しかし、慢性の場合では、急性のような症状がなく、前立腺の肥大もみられないため、見過ごされがちです。動物通販

 

治療方法・対策

診察方法は、X線で前立腺の状態を調べ、肥大しているかどうかを調べます。前立腺を押して前立腺液をとり、細菌の有無を調べることもあります。前立腺炎と診断されたら、血液や膿の培養から細菌の炎症を抑える一番有効な抗生物質を選択し、投与します。腫瘍ができてしまった場合や、抗生物質の効果が出にくい状況の場合は、状況に応じて前立腺の摘出手術を行います。去勢手術を施すことも再発防止に有効です。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。