動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 猫のアレルギー性皮膚炎

文章 Categories

猫のアレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎は、体内に入ったアレルゲンに対して体の免疫機能が過剰に反応してしまうために起こるアレルギー疾患です。 アレルギー性皮膚炎の原因となるアレルゲンには、ノミやダニ、花粉や草花、金属やプラスチック、ハウスダストなど、様々なものが挙げられます。動物通販

 

アレルギー性皮膚炎にかかると、皮膚に痒みを伴う発疹、および、それが表れた箇所の抜け毛が増えます。主なアレルギー性皮膚炎である「ノミアレルギー性皮膚炎」の場合、特に腰からお尻にかけて発疹が現れます。また、疥癬の場合は顔面や耳介の皮膚に発疹が現れ、次第にほかの場所にも現れるようになります。さらに、発疹や痒みを気にし始めた猫が患部を舐めたり引っ掻いたりすると、脱毛が進行したり傷口から細菌が二次感染することで、皮膚の炎症が悪化します。アレルギー性皮膚炎の細かい症状は、その原因となるアレルゲンの種類や猫の個体差によって異なります。

 

治療

アレルギー性皮膚炎を治療するには、まずは原因となっているアレルゲンを特定し、飼育環境から取り除くことが重要です。例えば、ノミアレルギーならばノミの予防・駆除をしっかり行うといったことです。しかし、猫の場合、現状では色々なアレルゲンを特定するのはなかなか難しく、アレルギー症状に応じて、ステロイド剤や抗ヒスタミン剤を投与したり、食物アレルギーの原因となるような原材料を除去した食事(除去食)や、食物アレルギーの原因となる可能性が極めて少ない特殊なたんぱく質を含んだ食事などを活用した食事療法によって、かゆみや炎症の緩和をめざします。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。