動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院の情報 > 猫の子宮蓄膿症について

文章 Categories

猫の子宮蓄膿症について

子宮蓄膿症は、メス猫の子宮に細菌が感染することで炎症が起こり、子宮内に膿がたまる病気です。動物通販

 

原因

子宮が細菌感染により炎症を起こし、その結果生じた膿が子宮の中にたまる病気です。大腸菌やレンサ球菌、ブドウ球菌などが原因となります。メスの発情期には、子宮の入口の子宮頸部がゆるむために細菌が進入しやすくなります。本来、子宮は細菌を防ぐ仕組みも持っており、炎症をおこすことはあまりありません。しかし出産経験のない場合や、かなり前に出産したなどの場合には、卵巣が異常をおこしやすくなっています。それはホルモンバランスの崩れも関係していると考えられています。

 

子宮蓄膿症の主症状

水をたくさん飲む

おしっこをたくさんする

おなかがふくれる

陰部から膿が出る

発熱

嘔吐

 

治療

子宮蓄膿症で、急性腎不全やショック状態にある場合には、状態を安定させるために点滴や抗生剤の投与を行います。子宮蓄膿症の第一選択としての治療は、卵巣と膿のたまった子宮を摘出する手術です。しかし、何らかの事情で外科手術が困難なときには、内科的治療が行われます。ただ、内科的治療の場合、再発する可能性があるため、基本的には避妊手術と同様に卵巣と子宮を摘出する外科的治療が一般的です。

次の編:犬の急性胃炎
前の編:犬の肝硬変

より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。