動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 猫の副鼻腔炎の原因、症状、治療

文章 Categories

猫の副鼻腔炎の原因、症状、治療

 猫の副鼻腔炎の症状と原因

副鼻腔は鼻の奥にある空洞で、鼻の粘膜はその奥の方にまで続いています。そのため鼻炎などが悪化して広がると副鼻腔炎になり、さらに蓄膿症などの重い状況に進む場合もあります。上顎の歯の根元が化膿して、その上に位置する副鼻腔に炎症や化膿が広がって起きる事も考えられます。鼻炎だけの時より、くしゃみなどの症状が激しくなります。ひどくなると、鼻梁が腫れてをもったり鼻汁に血が混じったりすることもあります。鼻炎と同様に感染性、また刺激性の薬物・ガス・異物などを吸引して鼻炎から副鼻腔炎を引き起こす場合があります。動物通販

 

猫の副鼻腔炎の治療

副鼻腔炎の主な治療法

基礎疾患の治療 

別の疾病によって副鼻腔炎が引き起こされている場合は、まずそれらの基礎疾患への治療が施されます。鼻炎が原因の場合は抗生物質や抗真菌薬の投与、また歯周病が原因の場合はそちらの治療が優先されます。

 

ネブライザー 

症状が重く、猫が呼吸困難を示しているような場合は、取り急ぎネブライザーと呼ばれる吸入器を用い、鼻やのどに薬剤を噴霧して炎症を抑えます。

 

外科手術 

副鼻腔に膿がたまる「蓄膿症」を発症している場合は、チューブなどを用いてたまった膿を洗い流します。

 

予防

副鼻腔炎を予防するには、まずは鼻炎を予防することが大切です。鼻炎の原因となるウイルス感染を防ぐために、定期的にワクチン接種を行うように心がけましょう。また、副鼻腔炎は鼻炎から併発するため、鼻炎の症状があれば、早期に治療を受けさせるようにしましょう。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。