動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 犬の歯周病の病期と犬の歯周病の対処方法

文章 Categories

犬の歯周病の病期と犬の歯周病の対処方法

犬の歯は、そもそも人と違っていわゆる虫歯にはなりにくいものです。しかし、人と同じように食べ物のカスや唾液中の成分などから歯垢が発生し、その後、歯石の付着を皮切りに、歯周病へと症状が進みます。動物通販

 

歯周病の病期

病期1

歯肉炎だけで歯周炎なし+歯肉の退縮なし

病期2

早期の歯周炎+歯肉の退縮25%未満

病期3

中程度の歯周炎+歯肉の退縮25%以上~50%未満

病期4

進行した歯周炎+歯肉の退縮50%以上

 

犬の歯周病の対処方法

治療方法は歯石を取り除きます。全身麻酔が必要になる場合が多いですので、できるだけ歯周病にかからないように、日常の手入れをしてあげてくださいね。日常的に歯を磨いてあげてくださいね!歯みがきの方法にはいろいろありますが、手袋型の「歯石キセキ」がかんたんで磨きやすいです!


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。