動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 犬の甲状腺機能低下症の紹介

文章 Categories

犬の甲状腺機能低下症の紹介

甲状腺機能低下症は、体の代謝を活発にする役割をもつ甲状腺ホルモンの分泌量が減少することで起こる病気です。発症すると、元気がなくなる、体重が増える(肥満傾向)、毛が抜ける、皮膚が黒ずむなどの様々な症状が起こります。動物通販

 

犬の甲状腺機能低下症の原因

甲状腺機能低下症の犬では、免疫系統が誤って甲状腺を攻撃してしまうことにより、甲状腺で炎症が起きてしまう「リンパ球性甲状腺炎」、甲状腺そのものが萎縮して機能が低下してしまう「特発性甲状腺萎縮」がよくみられます。しかし、これらが何故起こってしまうのかについては判明していません。またクッシング症候群という内分泌疾患の合併症として、甲状腺機能低下症が発症することもあります。

 

投薬治療

体内で不足している甲状腺ホルモンを、人工の甲状腺ホルモン製剤を投与することで補います。ただし量を間違えると逆に甲状腺機能亢進症の症状が現れますので要注意です。投薬後、1~2週間で表情や活動性が改善し、1~4ヶ月で皮膚症状が緩やかに消えていきます。ただし、投薬は一生続けなければなりません。

 

基礎疾患の治療

クッシング症候群など、別の疾病によって甲状腺機能低下症が引き起こされている場合は、それらの基礎疾患への治療が施されます。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。