動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 犬の股関節形成不全

文章 Categories

犬の股関節形成不全

犬の股関節形成不全とは、太ももの骨と骨盤とを結合する股関節の形が先天的に異常な状態を言います。近年では股異形成とも言われます。動物通販

 

症状
生後半年程度は目立った症状は現れませんが、成長に伴い症状が現れます。腰を揺らしながら歩いたり、走る時に両足を揃えて走ったりします。散歩を嫌がったり、歩幅が狭くなる、股関節をさわるのを嫌がったりします。

 

股関節形成不全の治療では、内科的治療と外科的治療があり、犬の年齢や体重、症状などよって治療方法を選択します。若齢で症状が軽い場合では、運動や食事の管理を行い、鎮痛剤や抗炎症剤などを長期に渡って投与することで、痛みを緩和し、関節炎の進行を抑えます。症状が重く、内科的治療による効果が期待できない場合では、外科手術を行います。手術は犬の年齢、体の大きさ、症状などに合わせて、いくつかの手術方法があります。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。