動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 犬の眼瞼外反症

文章 Categories

犬の眼瞼外反症

 犬の眼瞼外反症とは、まぶた(眼瞼)が外側にめくれ上がった状態を言い、大多数は下まぶたに発症します。

 

眼瞼外反症の主症状

角膜炎結膜炎の症状

流涙症

目やにが多くなる

前足で目をこすろうとする

 

原因は、先天的な遺伝と後天的なものの2つに分けられます。後天的なものとして、老化により顔の筋肉量が衰退し、顔面の麻痺などによりたるみが起こり、その影響で眼瞼外反症を起こしてしまうなどの症例があります。また、老化以外にも結膜炎や外傷の後遺症も主な原因の理由として挙げられます。動物通販

 

犬の眼瞼外反症の対処方法

結膜炎の治療をすると外反の状態がよくなることがあるが、重度の場合には手術によりまぶたの治療を行う。そのまま放置すると角膜炎や角膜潰瘍を併発する恐れがあるので、獣医師の診察を受け治療する必要がある。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。