動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 犬の肺水腫の原因、予防と治療

文章 Categories

犬の肺水腫の原因、予防と治療

 犬の肺水腫とは、肺の中に水がたまり、ガス交換がうまくいかなくなってしまった状態をいいます。動物通販

 

原因

肺水腫は、僧帽弁閉鎖不全症などの心臓の障害が原因で起こる心臓性肺水腫と、それ以外の原因で起こる非心臓性肺水腫に分けられますが、犬の場合はほとんどが心臓性です。心臓性の場合、心臓の働きが悪くなることで、血液の流れが滞り肺の中に血液成分が漏れ出すことで肺水腫が起こります。非心臓性肺水腫は、心臓以外の病気(例、肺炎熱射病、など)が原因で起こってきます。また、過剰な静脈内点滴によって肺水腫が起こることもあります。

 

治療と予防

利尿薬を使って肺に溜まった水分などを除去します。また、呼吸困難がひどければ酸素吸入が必要になることもあります。心臓やその他の臓器に異常があれば、その治療もあわせておこないます。 急性の肺水腫では、呼吸困難から死亡することも考えられるので、症状がみられたら早めに治療する必要があります。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。