動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > イヌ回虫について

文章 Categories

イヌ回虫について

回虫には、イヌ回虫とイヌ小回虫の2種類があり、この寄生虫がいる犬の糞便の中にある虫卵を、ほかの犬が口に入れることで感染します。また、母親から子犬へと移行することもあります。動物通販

 

イヌ回虫は、食欲不振、嘔吐、下痢、貧血などが起こる。またイヌ回虫がたくさんあるとかたまって腸で詰まり、腸閉塞や毒素によってけいれんなどの発作や呼吸器障害を起こすこともある。妊娠中の犬が感染した場合胎盤から子犬にも感染し生まれてもすぐ死亡することもある。イヌ小回虫はよく観察すると、食欲にむらや軽い嘔吐、下痢、また発育の状態が悪く痩せたり、毛づやが悪くなるのも特徴。

 

治療

駆虫薬を飲ませて駆虫します。下痢をしている場合には、下痢を緩和する薬も投与します。しかし、寄生している回虫の量や犬の年齢、感染してからの期間などによっては、すべての回虫を1回では駆虫できないことがあるため、定期的に検査して、必要があれば再投与するのが確実です。多頭飼いの家庭の場合は、ほかのすべての犬にも駆虫薬を同時投与することが大切です。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。