動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 猫のトキソプラズマ症の情報

文章 Categories

猫のトキソプラズマ症の情報

トキソプラズマと呼ばれる原虫が原因の病気です。ほとんどの哺乳類、鳥類に感染する伝染病で、最終的に猫が終末宿主となります。感染の経路は、ネズミから感染や、感染した豚の生肉などを食べて感染、土から感染、また他の猫の便からといろいろです。トキソプラズマは猫科動物だけが便の中にオオシストと呼ばれる卵のようなものを排泄します。この便が感染元になる可能性があります。生体情報モニタ

 

症状

子猫の場合

発熱、呼吸困難、嘔吐、粘血便、黄疸など様々な症状が現れ、ほとんどの場合死亡します

 

成猫の場合

ほとんどは無症状です。しかし衰弱した成猫では持続性の下痢、貧血や目に虹彩炎やブドウ膜炎を起こし、目が濁ります。さらに中枢神経に障害が生じ、体の一部がマヒしたり、運動失調を起こすこともあります。

 

治療

トキソプラズマ症は、様々な抗菌薬を使って治療を行います。同時に、下痢や発熱などの症状がある場合は、それらに対する治療を並行していきます。ただし、免疫力のかなり低下している猫で全身性の症状が重い場合、その予後は不良なことがあります。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。