動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > イヌの外耳炎

文章 Categories

イヌの外耳炎

犬には体質的に耳垢のたまりやすい子とたまりにくい子がいます。また、耳の状態などによっても変わります。何度掃除してもすぐに耳垢がたまったり、耳から悪臭が出る子がいます。そんなときはもしかしたら外耳炎かもしれませんので、治療してあげてください

 

症状

外耳炎を発症すると炎症を起こし、ベトベトして臭いのある耳垢がたまります。また、かゆみや痛みをともなうため、しきりに耳をかいたり、後ろ足で引っ掻いたり、頭を振ったりします。炎症が慢性化すると、皮膚が肥厚し、外耳道がふさがれてしまう場合もあります。また、外耳炎が悪化すると、炎症が奥に広がり、中耳炎や内耳炎をおこすこともあります。動物通販

 

治療

細菌感染がなければ綿棒などで耳垢をきれいに取り除きます。耳だれが出るようだと細菌感染が考えられるので、抗生物質による治療が必要になります。予防するには、いつも耳垢をとり清潔にしておく事です。但し、やりすぎには注意。7-10日に1度くらいのペースで掃除するのがベターです。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。