動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > イヌの肛門嚢炎の情報

文章 Categories

イヌの肛門嚢炎の情報

犬の肛門嚢炎とは、肛門の近くにある肛門嚢と呼ばれる器官に炎症が発生した状態を言います。動物通販

 

原因

肛門嚢炎とは肛門嚢の開口部が詰まったり、細菌感染を起こしたりなどで肛門嚢に炎症が起こる病気です。老化などで括約筋の収縮力が低下してくると、肛門嚢を絞る力が弱まり、内部に分泌物がたまりやすくなります。分泌物がたまってくると肛門嚢の導管や開口部が詰まるため、肛門嚢炎が起こります。また、下痢や軟便などで肛門周囲が汚れていると、細菌感染が起こりやすくなるため、それにより肛門嚢炎が起こることがあります。

 

治療

軽度なものは抗生物質による内科的な治療で化膿を抑えます。 化膿が進行して肛門嚢に膿の貯留が著しいときには外科的に処置を行って排膿・洗浄を行う必要があります。早めに発見できれば麻酔をかけることもなく簡単な処置で済むこともあります。また治癒すれば破れてしまった肛門腺も再生します。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。