動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > 犬伝染性肝炎の原因、症状、治療

文章 Categories

犬伝染性肝炎の原因、症状、治療

犬伝染性肝炎とは、犬アデノウイルス1型というウイルスの感染によって、おもに肝臓の炎症(肝炎)が起こる病気です。動物通販

 

ウィルスは、感染された犬の分泌物全てに含まれるため、それを舐めたりして感染します。
症状は軽症であれば、軽い発熱、鼻水で済みますが、重症になると、40度前後の高熱を突然発し、急に衰弱し死に至るケースの他、黄疸、下痢、嘔吐、腹痛、呼吸困難になったりもする恐ろしい病気です。

 

治療

特効薬はないため、ビタミン、糖分などの栄養を補給し、安静を保ち、肝臓機能の回復をはかる。貧血がある場合には、輸血を行うこともある。ワクチンがあるため、予防接種を受けておくと良い。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。