動物病院・獣医師様に必要な医療材料・機器・医薬品を、迅速確実にお届けします

ログイン| 無料会員登録| お問い合わせ
位置: ホーム > 文章 > 動物病院向けの話題 > オス犬の前立腺肥大

文章 Categories

オス犬の前立腺肥大

 犬の前立腺は、オス犬の膀胱の前方で尿道を囲むように存在し、精子の運動能力を活発にし精液を分泌したり生殖機能に深くかかわる組織です。この前立腺が徐々に肥大してくるのが前立腺肥大です。動物通販

 

主な症状

初期の段階では、症状が特に無いのが一般的です。徐々に、排尿が困難な様子が出てくると思います。これは、前立腺の肥大によって、尿道が狭くなっていくことが原因です。尿に濁りが出たり、血のようなものが混じったりするケースもあります。前立腺が肥大して、直腸を圧迫するようになると、排便も困難となってきます。時に、前立腺肥大が原因で、細菌に感染してしまうこともあり、前立腺膿瘍や膀胱炎などを引き起こす可能性もあります。

 

治療

前立腺肥大の治療は、去勢手術が効果的です。また、こうした外科的療法のほかに、ホルモン剤の投与などの内科的療法もあります。


より多くの動物用医療機器をお探しならvet.zetadental.jp

お客様からのレビュー 0 Reviews  |   Write a Review

  • 現在レビューはありません
合計 0 点記録
  • メールアドレス:
  • レビュー等級:
  • 内容:

メルマガ配信:

人気商品の入荷、新作の紹介、また、お得なセール情報についてはメールにて、お知らせします。